ホームお知らせお知らせ【ネット】SNSを起因といした犯罪被害が多発!

お知らせ

【ネット】SNSを起因といした犯罪被害が多発!

昨年、SNSを起因とした犯罪被害が過去最多(1,813人)を記録しました。子供が被害に遭わないための対策につき、引き続きご協力をよろしくお願い致します。

【特徴】
(1)児童ポルノ事犯の自画撮り被害(中学生)が引き続き増加傾向
(2)被害児童数が多いSNSは「Twitter」,「ひま部」,「LINE」,「ぎゃるる」
(3)フィルタリングの利用の有無が判明した被害児童のうち、8割強が契約当時から利用していない
(4)略取誘拐事件が21件発生

顔の見えない相手を簡単に信用しない!
●「大人が子供に」,「男性が女性に」なりすましていることも珍しくありません
● 相談に乗ってくれる、親切な人だと思って会いに行き事件に巻き込まれることも

犯罪被害から身を守るために
(1)異性との出会いを求める書込みはしない
(2) 自分の名前など個人情報を掲載しない。世界中の人が見ることができます
(3) ネットで知り合った人とは会わない。別人のなりすましかもしれません
(4) フィルタリングを有効活用しましょう
(5) 家庭におけるルールづくり、子供の見守りをしましょう

香川県警察本部生活環境課 サイバー犯罪対策室 087-833-0110


KBN香川テレビ放送網(株) 技術部
e-mail eng@kbn.ne.jp


一覧に戻る

このページの先頭へ