医療法人社団 西山脳神経外科病院
受付時間
電話

肩、肘、膝の関節痛にPRP-FD療法を

PRP-FD療法とは

血液中の血小板が持つ、損傷した組織を修復する働き(自然治癒力)を利用した再生医療です。

新しい選択肢として注目されており、膝などの関節疾患の治療や、スポーツ選手の治療などに用いられています。

ご自身の血液から血小板を高濃度に含んだ多血小板血漿PRP(Platelet Rich Plasma)を作成し、これを患部に注入することで、血小板に含まれる「成長因子」の働きを利用して組織修復に必要な細胞増殖を促し、炎症をしずめます。

さらにPRPを濃縮してフリーズドライ加工したものをPRP-FDといい、これを用いるのがPRP-FD療法となります。

PRP-FDは特殊な技術で血小板由来の「成長因子」が濃縮されており、活性化した多くの「成長因子」を含むことでより高い効果が期待できます(PRP-FDには通常のPRPの約2倍の成長因子が含まれます)。

また、PRP-FDは、ご自身の血液を使用し、厳格な管理がされた施設で加工されており、安全性も高く、副作用が少ない治療法です。

多量の成長因子を関節内に注射することで、痛みを和らげて、患部の機能改善を目指します。

画像

こんな症状の方におすすめです

  • 膝が痛くて階段がつらい方
  • 頑固な肘や肩の痛みでお悩みの方
  • グルコサミンなどのサプリを毎日飲んでいる方
  • ヒアルロン酸注射を何度も打っている方
  • スポーツで関節を痛めた方
  • 手術には抵抗がある方
画像

主な対象疾患

  • 変形性膝関節症、膝半月板損傷
  • 上腕骨外側上顆炎(テニス肘)
  • 肩腱板損傷
  • 靭帯損傷(膝・肘・足首など)
  • アキレス腱炎 など
画像

治療の流れ

  1. 問診・診察
  2. 画像
  3. 採血
  4. 自己血液約50mlを採取し、再生医療センターに送り、検査・加工します。
    ※納品まで約3週間必要とします

    画像
  5. 注射
  6. 採血から約3週間後、関節にPRP-FDを注射します。

    画像

Q&A

治療後は安静にしないといけませんか?
いつも通り生活していただいて問題ありません。
治療後は入浴や飲酒は控えた方がよいですか?
注入後数日間は血流のよくなる活動(長時間の入浴・サウナ・運動・飲酒など)を行うことで、痛みが強くなることがありますが、治療効果には特に問題ありません。
ただ、関節内に投与した場合は、その日の入浴は控えてください。(関節内は清潔にする必要があるため)
治療には手術が必要ですか?
この治療法は、ご自身の血液から抽出した成長因子を肘・膝の関節内に注射器を使って注入するため、手術の必要はありません。
高齢でも治療を受けられますか?
手術を行わない注射による治療ですので、高齢の患者様でも受けることが可能です。
ただし、関節の状態によっては、年齢にかかわらず手術が適していることもありますので、医師とよく相談することが大切です。
関節以外の症状で治療を受けられますか?
アキレス腱など、筋肉や腱の症状への適応となることもあります。
患者様によって異なるため、まずは現在の症状を医師にご相談ください。
副作用はありますか?
患者様ご自身の血小板から抽出した成分を注入するため、重い副作用は少ないと考えられています。
ただし、注射による一般的な副作用(痛み、赤み、腫れなど)が起こる可能性はあります。
治療費はどのようになりますか?
自由診療のため、保険適用ではありません。
詳しくは診察時に医師よりご説明致します。
HOME
PAGETOP
アイコン〒762-0023 香川県坂出市加茂町593-1
医療法人社団 西山脳神経外科病院
スマホサイトへアクセス
Copyright(c) MNH All rights reserved.