医療法人社団 西山脳神経外科病院
受付時間
電話

西山脳神経外科病院 新型コロナウィルス対策

内視鏡診療における新たな開発

内視鏡診療における新型コロナウィルス対策を香川医大と共同開発いたしました

現在、新型コロナウィルスが世界中で蔓延しており、内視鏡検査は飛沫感染のリスクが指摘されております。

このため、内視鏡を中断している施設もあり、がん検診による早期発見、早期治療の機会が失われ、守れる命も助けられない状況になっています。

このような状況を鑑み、患者様に、内視鏡診療を安心して受けて頂く為、どこの施設においても可能な新型コロナ感染防御システムを当院で考案し、香川大学と共同で開発を取り組んでおります。

COVID-19 シールドシステム

▼胃内視鏡

エアロゾル持続吸引による陰圧化ビニールボックスを用いた被覆法

画像

▼大腸内視鏡

便汁及び、肛門から出るエアロゾルが密封化され、飛散をシールド

画像

尚、本研究成果として、胃内視鏡は「Digestive Endoscopy」誌、大腸内視鏡は「Endoscopy」誌さらに、四国新聞に各々、公開されます。

HOME
PAGETOP
アイコン〒762-0023 香川県坂出市加茂町593-1
医療法人社団 西山脳神経外科病院
スマホサイトへアクセス
Copyright(c) MNH All rights reserved.