坂出の三金時と金時三昧

坂出の農産物で、全国にその名が知られているのは、「金時人参」「金時いも」「金時みかん」の金時シリーズ。 金時とは赤いものの意味。三品とも赤身が濃く、元気の源となる身体に良い食べ物です。 塩田が広がっていた坂出の浜に 近い畑は砂地で塩分が多く、その特徴を活かして栽培されたのが「金時人参」と 「金時いも」でした。坂出市は「金時人参」の 世界一の生産地となり、「金時いも」の生産地としてもトップクラス、 そしてこの地から「金時みかん」を生みだしたのです。

●問合せ

 JA香川県松山支店 TEL 0877-47-0314

 Aコープ TEL 0877-47-0337

 坂出市観光案内所 TEL 0877-45-1122

 JA香川県林田ふれあい産直市 TEL 0877-47-0034

 JA坂出ふれあい産直市 TEL 0877-48-2911

 JAはまかいどう松山産直店 TEL 0877-57-3151

さかいでの塩

坂出は 弥生・古墳時代より塩づくりが盛んで江戸時代には久米栄左衛門(通賢) による塩田の開墾によって かつて全国の約3分の1の製塩量を誇り、現在も製 法を変えながら有数の生産地となっています。 その坂出の塩を使ったさまざまな 商品が開発されています。

サヌカイトと島石

坂出の五色台及びその付近の山々からは、叩くと心地よい 澄んだ音色を発する「サヌカイト」(カンカン石)が産出され ます。 また、坂出の島々からは、大阪城の石垣にも使われ たみかげ石が産出され、与島のものは「与島石」と名付けら れています。

さかいでの民芸
鯉のぼり

坂出は、家紋入り鯉のぼり発祥の地。戦前から和紙、木綿の時代を経て、今ではナイロン繊維の鯉のぼりがさわやかに空に踊ります。 和紙の時代は、物の少ない時代で県外からも買い付けの人が訪れ、徹夜で完成を待ちかねて求めていったそうです。 また、手描き鯉のぼりの団地セットやミニチュアはお土産用におすすめです。
●問合せ
 山下鯉幟商会 tel 0877-46-3044
 手描き鯉のぼり・三池 tel 0877-45-6290
浜引人形
素朴な粘土づくりの人形は、カスリにねじり鉢巻き姿。馬鍬(まんが)を引いて力のこもった顔つきが、 塩田作業の苦労を 物語っています。近代、塩のまちとなることで坂出は大きく発展して来ました。 坂出を支えた塩田の風景をいつまでも人々に伝えたいと、 この人形が生み出されました。 坂出を愛する人々が作り続ける素朴で愛しい人形です。
 作ってみたい方は坂出市観光協会までお問い合わせください。

さかいでブランドとは

坂出にこだわった坂出ならではの逸品を集めた「さかいでブランド」
「さかいでブランド」に認定された商品には、右のマークがついています。このマークは、坂出の里山を背景に古(いにしえ)をモチーフにし、やまと絵風の雲、中央にはかもめが大空にむかって 羽ばたく姿をイメージしたマークです。さかいでブランドが大きく羽ばたくことを願ったものです。ぜひ、さかいでブランド認定マークを探してみてください。
●パンフレット1面はこちらで
●パンフレット2面はこちらで

   
   



 Copyright (c) 坂出市観光協会 All Rights Reserved
当サイトに掲載のコンテンツ(情報・資料・画像等)の無断転載を禁じます。